2012年12月26日水曜日

魔法の薬


なんで会社を大きくしたいんですか?

なんでそんなに急ぐんですか?

ってよく聞かれます。

なんでだろ。

だってお店が増えれば増えるほど辛くなるんだ。

プライベートなんてなくなるし。

でも僕はその問いかけに対して答えを持っています。

こんなイメージ。

例えば君が癌の特効薬を持っていたとします。

どんな末期癌でもシュッと治ってしまうし、

癌じゃない人にも将来絶対予防の効果をもたらす魔法の薬だ。

その注射、誰に打ちますか?

夫、妻、兄弟、両親?

恋人、友達、同僚?

そりゃ打ちますよね。みんな幸せになります。

で、次に。

君がその薬を無限に持ってたらどうします?

渋谷のスクランブルで知らない人全員に声をかけますか?

たぶん僕らはそうするでしょう。

僕は世界中の人にそれをギフトして廻りたい。

僕らは家具をデザインして作って販売していますけど、

その一つ一つが誰かを幸せにしていると信じています。

癌の特効薬に比べると、その程度は全然見劣りするかもしれません。

でも、そう願って毎日仕事をしています。

だから、あまねくこの世のすべての人たちに僕らの家具を使ってもらいたい。

だからお店を増やす。

生きているうちにその効果を見てみたい。

だから急ぐ。

これが僕らの答えです。

会社を大きくする事に抵抗があるって経営者の方もいますけど、

それって自分の持っているギフトに自信がないからじゃないかな。

あるいは、

自信を持とうと日々研鑽する勇気を放棄しているだけなんじゃないかな。

なんて生意気なことを思ったりします。

あ、あと。

さっき見劣りするって言いましたけど、

僕らはそれを良しとしているわけではありません。

今は所詮、そうかもしれないけど、

毎日毎日その程度を上げるために格闘しています。

己を知れって、

とある下山思想の方に言われたこともあります。

その道は終わりのない倍々ゲームだぞって。

言葉もないです。そのとおりだから。

でもね、僕らはそれでいい。

キリマンジャロの頂近くに横たわって死んだ豹のように、

それでもその目は閉じられず頂上を見つめていた彼のように、

最後までこの山を登っていきたいと思っています。