2013年7月13日土曜日

AREA(エリア)のお仕事 3



ソファ横のサイドテーブルって難しいですよね。

日本の空間事情を考えると、大きなリビングテーブルはなかなか置けない・・。ちょっと小振りなモノないかなーって探すと・・・。あれー?おかしいな。かっこいいリビングテーブルはサイズが大きいモノばっかり。ということに気づきます。特にインテリアブランドショップのリビングテーブルって大きいものばかりです。かくいうAREAも一番売れるのは、1200mm〜1500mm角(正方形)の大きさです。

なぜでしょう?

推測するに、お金持ちの方▷大きな家に住んでいる▷大きなソファを買う▷大きなリビングテーブルを好むということですかね (我ながらあたりまえの事を言っているぞ)。

でも確かに、小さくて味わいが合って、デザイン的にもカッコ良くて、使いやすいパーソナルリビングテーブルって少ないような気がします。

というわけで・・これはいかがでしょう?☟



鉄職人が作ったリビングテーブルです。
ガラス(首)部分はグルグルまわります。
正直カッコいいです。スタイリッシュさがスゴいです。
そして・・・ワルなニオイがプンプンします

もう、「メン・ナク」の編集部に
なんかすごいキャッチコピーを入れてもらいたいくらいです。

「奴には負けねえ、オレのリビング☆マジワルコーデ」
(やっちゃったーーー笑ーーーー)

・・・さて、
この作品を作ってくれている職人さんは、サーファーです。
僕らの会社はもともと茅ヶ崎出身で、サーファーが多いので、
この手の「砂まじり系のアート」は大好きなんです。


インセクトな脚もやたらとかっこいいですね。

アイアン系の家具に詳しい方は一目で分かると思いますが、
中世古典デザインをしっかり勉強して作っています。
アーティストが感性だけで作っていないという所も魅力ですね。


というわけで、味のある、パーソナルリビングテーブルをお探しの方は、
AREA Tokyoまで見にきてくださいね !!



Iron Side Table  *w350×D600×H700
¥88.000
お問い合わせ : AREA Tokyo  03-3479-5553